特許

特許

弁理士は非侵害の鑑定書を書くこともできるし、侵害の鑑定書を書くこともできる

初めて鑑定書を書くことになったとき指導弁理士から言われたことは御用鑑定にならないようにということだった。 出願明細書ばかり書いていたころ「鑑定書」に対しては一種の憧れ的なものもあって、鑑定書を書くことができる、となったときはとても嬉...
特許

特許の相談で意匠を提案するのはエベレストを征服したい人に富士山を提案するようなもの

特許を取りたいという相談はあっても、意匠を取りたいという相談は初動においてほとんど経験したことがない。 世間では何か新しいモノを作った、という場合は特許であり、実用新案やまして意匠は傍系中の傍系なのである。 企業の知的財産部か...
特許

技術情報の海外流出に常に加担しているのが弁理士である

技術情報の扱いについて規定している法律と言えば不正競争防止法が一般的なのだが、安全保障の観点から技術情報の流出を規制する外為法がある。 聞いたことがある人も多い法律だが、多くの人はモノの輸出を規制するだけと思っているのでは無いだろう...
特許

弁護士以外の士業はすでに専門特化されている

専門を特化することが最近の士業のマーケティングらしい。 何でもできる○○士よりも、助成金専門社労士や、相続専門行政書士を謳った専門○○士の方が一目置かれるようだ。 それなら弁理士も○○に特化した方がよいのかと思ったのだが、よく...
特許

強い特許とは、どのような特許なのか

弁理士受験をしていた頃、法律の解釈を巡って喧々囂々としていることに違和感を覚えた。 解釈が難しいなら立法者に聞けばよいのに、立法者が健在にも関わらずそれをせず、さらには立法者の解釈を無視して法解釈を議論しているのである。 解釈...
特許

発明者と権利者

私が発明者だからこの発明は自由に使える。 あなたに私の発明を自由に使わせてあげる。 特許法を知らない人が聞けば何ら不自然ではないこの会話。 この会話を聞いたときに、なぜ発明者には自由に実施する権利がないのだろうか...
特許

良い明細書とは一体何だったのか

この仕事をしている人なら必ず聞いたことがあるクライアントや事務所からの要求が「良い明細書」。 5年や10年程度のキャリアであれば、よい明細書を書くために必要なものは経験、と言える。 しかし実際は15年、20年、25年とキャリア...
特許

特許になるかどうかは属人的、制度が変わらない限りAIは無理

いい発明だから特許になる。 半分は正解で半分は不正解。 いまの特許制度は発明にかかわる人次第で、特許になったりならなかったりする。 発明にかかわる人とは、弁理士と審査官のこと。 弁理士は発明者が創作した発明を特許明...
特許

弁理士はどのように技術を理解しているのか

新人のころ文系の特許技術者の指導を仰いだことがある。 語学が得意なその方は主に外国案件の中間処理を担当していたので、外国案件の指導を受けていたのだが、その方の仕事は理系がやる仕事と同じ内容だった。 なぜ文系なのに技術が理解でき...
特許

意見書を見れば弁理士の実力がわかる

特許明細書を1000件書いて一人前と言われた新人のころ。 当時は3日で2件を書き上げるような事務所にいたので、10年とは言わないまでもそれ位の年月は必要かと思っていた。 実際のところ1000件まで行かなくても明細書を書くこと自...