静岡弁理士 田中智雄の知財ノート | 田中特許事務所

アイデア・デザイン・ブランドのこと

Informationからintelligenceに昇華させる知的労働が好き

 

 InformationとIntelligence、

どちらも「情報」。

 

Informationを書いただけの特許発明なのか、

Informationのなかに隠された真の情報を捉えた特許発明なのか。

前者の情報の特許発明なのか、それとも後者の情報の特許発明なのか、

それは請求項の記載を見れば大凡わかる。

(実務的には補正前の請求項のこと)

 

発明者に接して一次的なinformationを取得したあと、そのなかに隠されている真の情報を捉えてIntelligenceに昇華させる、この知的労働をしているかどうか。

 

自分はこの作業が好きなのである。

好きというより、この作業ができなかった時期がとても辛かった。

 

自分は発明者の能力を上回ることはできない、

だから発明者と同じレベルで発明者が発する情報を聞いたところで、それは「Information」を聞いているだけに過ぎない。

いくら「Information」を理解しようとしたところで、発明者と同じレベルで理解することはできないのである。

そうすると、発明者とは違う何らかの方法で「Information」を理解しなければならない。

それを実現する方法が、「Intelligence」を抽出すること。

何が「Intelligence」なのかは答えがない、

だから、いろいろな角度から発明者に問いかける、

その作業を繰り返しながら「Intelligence」を見つけていくしかない。

 

 

ただし、Intelligenceが書かれた特許発明が良いとは限らない。

Intelligenceを書かない特許発明、Intelligenceを見つけるまでに時間がかかる特許発明というのも戦略的に有りである。

Intelligenceが理解されないように、意図的に分かりにくい特許発明を作り上げる、

こういう特許発明も大いに結構。

 

田中特許事務所

弁理士 田中智雄