静岡弁理士 田中智雄の知財ノート | 田中特許事務所

アイデア・デザイン・ブランドのこと

著作権と意匠権の二重取得をすすめる理由

創作すれば権利が発生すると言われている著作権。

正確には保護に値する「創作物」を創作すれば権利が発生する、

ということです。

 

自分が創作した創作物が、

保護に値する創作物なのか、

保護に値しない単なる創作物なのかは、

最終的には司法判断を待つまでわかりません。

 

そうすると世の中に存在する自称著作権は、

保護に値しない創作物をかなり含んでいることになります。

 

出版、映画、放送、レコードといった、

これまで一部の業界でのみ使われていた著作権が、

突然に脚光を浴びて全ての業界で扱われるようになり、

知的財産権という名のもと、

特許権や商標権と同じ感覚で著作権が扱われているのが現在です。

 

特許権や商標権は工業所有権のカテゴリーであり、

著作権とは扱いを異にしていました。

ところが知的財産権というカテゴリーが、

著作権を特許権や商標権と同じ扱いに昇華させてしまいました。

 

無方式で権利が発生するが権利の安定性に欠く著作権、

審査を経て付与される権利の安定に優れた工業所有権、

この2つのダブルトラックというのはどうでしょうか。

 

ダブルトラックは、

特許と実用新案、

特許と意匠、というように、

工業所有権同士で権利の二重取得を行う方法です。

 

著作権と工業所有権のダブルトラック、

聞いたことがないかもしれませんが、

あるかないか分からない著作権だけに頼るよりも、

権利の安定性に優れた工業所有権を取得することは、

リスク分散として悪くはないでしょう。

 

著作権の保護対象である表現は、

意匠権や商標権でも保護することができます。

意匠権については、

応用美術と純粋美術という棲み分けがあるように解説されます。

しかし意匠審査においてそのような審査基準はなく、

新規性、創作非容易性を満たせば意匠権が付与されます。

 

最近は意匠の保護対象が拡大しています。

画像の意匠、

建築の意匠、

内装の意匠、

これらにも意匠権が付与されるようになりました。

 

著作権とのダブルトラック、

これを実現するツールとして意匠権の活用をおすめしています。