静岡弁理士 田中智雄の知財ノート | 田中特許事務所

アイデア・デザイン・ブランドのこと

発明をブランディングするのが自分の役割

理系に進んだものの、自分は研究開発には向いていないと思った。 それでも技術が好き、新しいモノが好き、ということに変わりはなく、それを活かせる職業として弁理士を選んだ。 自ら研究開発をする才能はないけど、あたらしいアイデアに接することがとても…

Informationからintelligenceに昇華させる知的労働が好き

InformationとIntelligence、 どちらも「情報」。 Informationを書いただけの特許発明なのか、 Informationのなかに隠された真の情報を捉えた特許発明なのか。 前者の情報の特許発明なのか、それとも後者の情報の特許発明なのか、 それは請求項の記載を見れ…

依頼者のために尽くすことが代理人の仕事、そしてそのために守秘義務があることは意外と知られていない

ビジネスの相手は価値観を共有できる人がいい、 価値観を共有できない人と一緒に仕事をしたくない、 誰もが思っていることです。 ところが代理人の場合はこれとは考え方が違います。 代理人のしごとは依頼者の要求を実現すること。 そうすると、なかにはとん…

権利者であることを証明できない著作権の譲渡契約書の書き方を説明します

「自分が著作権者である」 実は証明できないのです。 詐欺的に著作権者を語ること論外ですが、そうではなくても、 自分が創作した、と思っていたモノが、実は過去の記憶を再現したモノに過ぎない、 こういうケースは実は少なくありません。 全く新しいパイオ…

税関で知的財産権侵害を疑われたときに輸入者がやるべき自発的処理や通関開放について説明します

輸入貨物の通関検査で知的財産権の侵害の疑いがある貨物が発見されると「認定手続」という手続きが行われます。 商標・著作権・特許・意匠などの知的財産は、侵害かどうかの判断が大変難しいため、「認定手続」という特別な手続きで侵害かどうかを判断するこ…

個人使用目的で輸入するために提出する書類の書き方を説明します

個人で使うために買った偽ブランドは輸入できないのか? 答えはNO。 インターネットの発達により日本にいながら外国の製品が簡単に購入できるようになりました。 しかし、それに伴い知的財産侵害を理由とする税関のトラブルも増えています。 問題になるのが…

嫌われているJASRACがなくなって困るのは音楽教室であり権利者である

JASRACと音楽教室が利用料を巡って争っています。 またJASRACか、と忌み嫌う人もいます。 しかしJASRACが存在しなければ困るのは音楽教室であり権利者です。 【もしJASRACがなかったら】 著作物を利用する場合は予め権利者の許諾を得るという基本に基づいて…

杜撰な商標の使い方をしていると本人も偽物に気が付かなくなる

「クロネコマーク」が64年ぶりに変わりました。 この2つの「クロネコマーク」 区別できる人はどれくらいいるでしょう。 2つを並べているので区別できたとしても、 一つだけでは区別できないかもしれません。 下が新しい「クロネコマーク」、 すでに商標…