自称著作権者を信じられますか

著作権の譲渡や許諾の契約をするときは、自分が譲渡や許諾をする権原を持っていることを証明しなければなりません。 特許権や商標権であれば、特許庁に備え付けられている原簿を確認すれば権原の有無を確認することができます。 原簿への登録が義務付けられ…

中国正規工場からの横流しを防ぎたい

中国の有名な通販サイトを見ていると、日本輸出向けと称して市場価格よりも相当に安い値段が付けられた日本の商品が掲載されています。 横流し品やB級品と言われている商品です。 これらの商品は、僅かな傷があるため検品に合格しなかった商品、一旦購入され…

中国商標はマドプロを使わずに登録する

マドプロを経由して中国で商標を登録することもできます。 メリットばかりが紹介されていますが、デメリットも見逃せません。 マドプロを経由することのデメリットを3つ紹介します。 商標登録証が発行されない マドプロを経由して商標登録されると商標登録…

人物のイラストは著作権が認められにくい

商品やサービスのブランディングのために創るロゴマーク、 これから創るなら人物のロゴマークはやめましょう。 商品やサービスの人気が出始めるとマネをする人も増えていきます。 ロゴマークがマネされたら著作権侵害で訴えればいい、 でも、もし著作権を当…

「私的使用」だから自分のHPへ画像サイトの画像をアップしてもいい?

デジタル庁トップの著作物の無断使用が取り上げられています。 自信のHPで画像サイトの画像を無断で使用していたそうです。 さてこの記事をみた人のなかには、個人的に使うなら問題ないのでは? と思っている人もいるのではないでしょうか。 たしかに著作権…

印鑑・署名・営業許可証 中国企業と契約を交わすときにチェックすること

印鑑証明制度がない 中国企業と交わす契約書には公章と呼ばれる会社印か合同专用章と呼ばれる契約印が捺印されています。 これらの会社印や契約印はゴムでできた子供のスタンプのようなつくりです。 印鑑の文字も極めて簡単なフォントなので簡単にニセ物の印…

仮想通貨決済対応インターネットショッピングモール

【特許第6810500号】 仮想通貨で決済することができるインターネットショッピングモールの運営に係る発明です。 法定通貨に代えて仮想通貨で決済することができるネットショップを構築する場合、仮想通貨決済によるデメリットを解消しなければなりません。 …

トランザクションIDのデータ量を抑えて過去のトランザクションにアクセスする

【特許第6362805号】 過去のトランザクションにアクセスするときに必要なトランザクションIDのデータ量を抑える発明です。 過去のトランザクションへのアクセスに必要なトランザクションIDはハッシュ値なので、トランザクションの数が増えれば、対応するトラ…