静岡弁理士 田中智雄の知財ノート | 田中特許事務所

アイデア・デザイン・ブランドのこと

模倣は悪くない

知的財産権の尊重が浸透し模倣は悪いというイメージが定着しました。 模倣に替わって独自が評価されるようになりました。 さて模倣は本当に悪いことのか。 そんなことはありません。 模倣は先人の知恵を次世代に伝達するための手段です。 一から何かを編みだ…

著作権侵害で喜んでいる権利者もいる

良い殺人と悪い殺人はありません。 殺人は全て悪い、 だから殺人をしたら被害者が親告しなくても罰せられます。 著作権はどうでしょうか。 良い著作権侵害と悪い著作権侵害。 殺人と同じように著作権侵害は全て悪なのか。 コンテンツを創った人を守るのが著…

特許がないマーケットに進出するという選択

中国進出ブームが始まったとき、 大小含めてあらゆる企業が中国に進出しました。 15億人とも言われる巨大なマーケットに期待を込めて。 ところがその中国で競争に勝ち残っている企業がどれくらいあるのか。 ほとんどが撤退しています。 魅力的はマーケット…

海外から発送すれば商標権侵害にならないという逃げ道

Amazonのマーケットプレイス。 Amazon以外の出品者のことですが、 マーケットプレイスで海外出品者が多いのが気になります。 理由は知的財産権。 商標権や意匠権の網を上手にすり抜けています。 商標権や意匠権などの知的財産権、 権利の効力が及ぶのは国内…

偽物を「所有」するよりも本物を「利用」するサブスクリプション方式がこれからの偽物対策の鍵になる

「所有」から「利用」へ消費形態を変えているサブスクリプション方式。 「所有」する消費は、製品を売ることが目的です。 「利用」する消費は、製品を売ったあとの繋がりに特徴があります。 「所有」する消費は、製品それ自体の価値が評価の主体です。 製品…

商標のように使えるかもしれない欧州の意匠

欧州意匠の特徴は物品の運用です。 物品と外観デザインを一体として権利範囲を定めている、 これが日本の意匠制度。 欧州意匠制度は外観デザインのみで権利範囲を定めています。 日本で自動車のプラモデルを製造・販売した場合、 自動車の意匠権の侵害になら…

品質で差別化できなければ最後はブランドイメージしか残らない

模倣品がこれほどまでに氾濫した原因、 それは製造とブランドの分離です。 安い人件費を求めて自らの手で製造することを放棄し、 海外の委託工場で製造した製品に単に商標を付して売るというビジネスモデル。 商標は信用です。 これまで自らが長い時間をかけ…